【OB紹介】小泉泰佐

学生・OBの声


11750732_905082572883191_6543706443814612626_n_150x100.jpg

小泉泰佐(2000年卒業)



【出身高校】 錦城高等学校
【勤務先】 東宝株式会社勤務
【ポジション】 CTB
 

1.成城大学ラグビー部に入部したキッカケ

高校時代、 都大会準々決勝で成城学園高校に負け、花園出場の夢破れました。 卒業後、対抗戦のグループの中で成城大学はスポーツ推薦が無かったので、私でも試合に出るチャンスがあるのではないかと入部しました。実際入ってみると身体的にもラグビーへの取り組み方も高校生とはレベルが違っていてその考えの甘さを直ぐ知る事となりましたが...。また、昨日の敵は今日の友で高校生の時戦った選手達からも一緒にやろうと誘ってもらった事が大きかったです。
 

2.成城大学ラグビー部に入部して良かったこと

身体も小さく、足も決して速い選手ではありませんでした。そんな自分が試合に出るためにはどうしたら良いか?一生懸命考えました。チームを自分を、客観的に分析し、今チームに何が必要で、その為に何を自分がすべきか?この視点は就職活動でも現在の社会人としての生活でも非常に役立っています。また一度試合に出るとレギュラーになりたい、レギュラーの座を渡したくない、試合に出たら勝ちたいとドンドン欲が出ます。「客観的視野」と「勝利への貪欲さ」成城大学ラグビー部に入部したからこそ得られた私の財産です。
 

3.卒業してから感じる成城大学ラグビー部の良さ

成城大学のラグビーは「勝利」をキーワードにそれぞれの個性を尊重しています。卒業して15年以上経ってもそれは変わりません。仲間を大事にし、色々な個性を認めあう懐の深さが成城大学ラグビーの良いところです。 現在、成城ラグビーアカデミーという初等学校の生徒を中心に子供達と一緒にタグラグビーをしています。OB~小中高大学生まで一つのグラウンドでラグビーが出来る環境、卒業してからも皆がONE TEAMで繋がってゆける、これは成城ならではの貴重なものだと改めて感じます

 

4.受験生・高校生に一言

ラグビーは1チーム15人という大人数で行うスポーツです。一つのボールを皆で繋ぎトライを目指す、これは社会に出ても同じ事です。1人1人がチームのために強く巧くなり、チームが1人1人を成長させる。そこにあるのはONE FOR ALL,ALL FOR ONE の精神です。
 

 
入試・入部サポート連絡先
scout@seijorugby.com
担当:福田・内田
各種質問にお答えします。お気軽にメール連絡をください。

 

 

b_top.png b_over.png b_facility.png b_support.png b_employ.png

 

TOP

b_top.png

SEIJO RUGBY

b_over.png

FACILITY

b_facility.png

VOICE

b_voice.png

SUPPORT

b_support.png

EMPLOYMENT

b_employ.png

SEIJO UNIV

201605101409_1.png