【OB紹介】二宮謙

学生・OBの声


20150506%20%E3%83%A9%E3%82%AB%E3%82%99%E3%83%BC%E7%A5%AD%E3%80%80Tag.-3_150x225.jpg

二宮 謙(1989年卒業)



【出身高校】 桐蔭学園高等学校
【勤務先】 株式会社アサツー ディ・ケイ(ADK)勤務
【ポジション】 NO.8
 

1.成城大学ラグビー部に入部したキッカケ

成城大学は、最も入りたかった大学、そしてラグビー部です。 一浪して入りました。(笑) 当時、大学対抗戦ラグビーは一部二部の区分けがなく、成城大学ラグビー部も帝京や早稲田と試合する機会がありました。そんな対抗戦ラグビーに憧れていました。結果的には、いくつかあった候補の中で、入学できたのが成城だったのですけど(笑) また、1年からレギュラーになりたかったので選んだ学校です。しかし、大学ラグビーは想像以上に、レベルも意識も高く、1年では公式戦に3試合程度、出ましたが、本当のレギュラーになることはできませんでした。
 

2.成城大学ラグビー部に入部して良かったこと

本当のラグビーの楽しさを知ることに繋がりました。 成城大学ラグビー部は、強豪チームではありませんでしたが、個人がうまくなるために、チームが強くなるために、真剣に取り組んでいるチームであり、ラグビーについて多くを考え、学ぶことができる、そんな楽しい時間を過ごしました。 そして、ラグビーにおいては先輩後輩の隔たりなく接することができました。 そこから生まれる一体感はラグビーを離れた場でも強い絆ができたと思います。 また、毎シーズン戦うことになる敵チームも きちんと練習を積んだリスペクトできる相手であることも楽しみのひとつであったと思います。
 

3.卒業してから感じる成城大学ラグビー部の良さ

繋がりの強さだと思います。 大学時代にともにプレーをしていなかった先輩や後輩とも一体感があります。 世代が離れていても同じ何かを過ごしてきていることから、気持ちが通じるのだと思います。 さらに、そこには親子以上に離れた後輩もいます。そんな後輩を応援できることは幸せなことです。

 

4.受験生・高校生に一言

ラグビーは、大学・体育会を経験することで、格段に充実し楽しくなると思います。 よく、「高校の方が、レベルが高い」ということも聞きますが、 きちんと練習している大学生には、高校生は全国ベスト8レベルでないと勝つことは難しいと思います。 大学体育会のラグビーはそういレベルにある充実した団体です。 成城大学ラグビー部も、その存在をほとんど知られていないかもしれませんが、 質の高い練習と高い意識を持って真摯にラグビーに取り組んでいるチームであり、 貴重な大学生活をかけるに相応しいと思います。 ぜひ、成城大学ラグビー部に入部してください。
 

 
入試・入部サポート連絡先
scout@seijorugby.com
担当:福田・内田
各種質問にお答えします。お気軽にメール連絡をください。

 

 

b_top.png b_over.png b_facility.png b_support.png b_employ.png

 

TOP

b_top.png

SEIJO RUGBY

b_over.png

FACILITY

b_facility.png

VOICE

b_voice.png

SUPPORT

b_support.png

EMPLOYMENT

b_employ.png

SEIJO UNIV

201605101409_1.png