【ALL】成城ラガー倶楽部会長より

2020/05/10

2020年5月10日

成城学園ラグビー部関係者の皆様

            成城ラガー倶楽部
            会長 千倉 成示

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は、成城学園各ラグビー部への格別のご理解、ご支援を賜り厚くお礼申し上げます。

さて、この度は誠に不本意ではございますが、
新型コロナウイルス感染症拡大の状況に鑑み、
毎年恒例のラガー祭をやむなく中止させていただくこととなりました。

今般の事態におきましては、現役部員はもちろんのこと学園関係者、
ご家族、ラガー倶楽部会員の皆様も多大なる困難、負担を強いられていることと
お見舞い申し上げます。

現在、各世代の成城ラグビー部は、緊急事態宣言下であることを認識し、
学園のルールを遵守し、全体での活動を停止しています。
しかしその中でも、ルールを遵守、安全と健康を第一とした上で、
「今できる最善」を探りながら個々人が意識を高く持って活動を行っていると聞いています。

我々、成城ラガー倶楽部としても、ラグビー協会、他校と状況確認を行うなど
情報収集に努めるとともに、学園とも連携調整しながら、この未曽有の困難に際して、
成城のラグビーを守っていくために、現役部員に対して「今できる最善の支援」をしていく所存です。


ここ数年成城ラガー倶楽部では選手、教員・コーチ、保護者、OB組織による四位一体のよる
“ONE SEIJO”(初等学校から大学までの一貫校ならではのつながりを活かしたラグビー)を
テーマにかかげて取り組んでまいりましたが、今こそ、その真価が問われるのではないかと考えます。

OBの皆さまはもちろんのこと、選手、教員・コーチ、保護者の皆さまも、
より一層のご協力、ご支援、ご指導いただけると幸いです。

敬具
 


(※2019年度のラガー祭での集合写真)